【川崎・スパーキングサマーC】ブルーチッパーが逃げ切り連覇

[ 2016年8月25日 05:30 ]

スパーキングサマーCで連覇を達成したブルーチッパー

 晩夏の地方交流重賞「第13回スパーキングサマーC」が24日に川崎で行われ、2番人気ブルーチッパーが2連覇を達成した。重賞は15年末の東京シンデレラマイル以来3勝目。

 スタートでやや後手に回ったが、抜群の二の脚でハナへ。4角を回って1番人気レガルスイを振り切ると、差し馬勢の追い上げも完璧に封じた。2週連続重賞Vの森は「かなりペースが速く、すぐ後ろに実力馬もいたのでハラハラした。でも一番のセールスポイントの勝負根性でよく頑張ってくれた」と笑顔。この後は地元大井の牝馬交流G2レディスプレリュード(9月19日)へ向かう。

 ◆ブルーチッパー 父ボーナスフィーバー 母ペケジェイ(母の父ティズナウ)牝6歳 大井・荒山勝徳厩舎所属 馬主・青山洋一氏 生産者・北海道日高町の下河辺牧場 戦績23戦8勝(南関東10戦3勝) 総獲得賞金1億2539万3000円。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2016年8月25日のニュース