【WASJ第1戦】“魔法”かかったサリーチャン

[ 2016年8月25日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=24日】札幌出張を挟んで約1カ月ぶりの美浦取材となった村松は、「取材の流れに乗れるだろうか」と少し心配していた。そんな緊張をほぐしてくれたのは、いつも優しい堀井師。「北海道は楽しんできた?」と無事の“帰還”を喜んでくれた。

 師が気に掛けていたのは、WASJ第1戦に登録していたデルマサリーチャン。前日、無事に出走馬に選出され、次に気になるのは鞍上。「先生、モレイラになったら面白いんじゃないですか」と振ると、「そうだね。2年前のクイーンCで後ろから突っ込んで5着。それほど差はないと思うんだけど」とまんざらでもない様子だ。「11時からの抽選が楽しみ」と続け、胸を高鳴らせていた。

 この会話が競馬の神様に届いた?のかサリーチャンの鞍上はモレイラに決定。今回の来日では驚異の複勝率71.4%を叩き出している香港No・1ジョッキーの手にかかれば、激変の可能性も十分だ。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2016年8月25日のニュース