【キーンランドC】レッツゴードンキ はじけた11秒8!

[ 2016年8月25日 05:30 ]

 レッツゴードンキは芝コースの大外を回ってラスト1F11秒8の瞬発力を見せた。3週連続で追い切りに騎乗した荻野琢(レースは岩田)も納得顔。「先々週はハミ掛かりが良すぎて、先週は落ち着き過ぎていたが、今回は程よく気合が乗っていた。しっかり脚をためて、直線ではじけてくれた」。

 担当の寺田助手も「真面目すぎる面があるが、おとなしくてとても扱いやすい。チャンスはあるはず」と桜花賞馬の復活を願っていた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年8月25日のニュース