【和歌山】父は元オリ監督・大石氏 崇晴デビュー「ダッシュ力自信」

[ 2016年7月22日 05:30 ]

22日にデビュー戦を迎える大石崇晴

 プロ野球・オリックス元監督の大石大二郎氏を父に持つ大石崇晴(23)が22日の和歌山競輪5Rで注目のデビュー戦を迎える。6月上旬の練習中の落車で左鎖骨と肋骨骨折に見舞われるアクシデントも「1カ月は練習で乗っているし大丈夫。粘りが課題だがダッシュ力には自信」。

 今開催で同時配分の師匠・中川繁樹は「落車前の練習は強かった。その時には及ばないが、センスはあるし長い目で見てください」と語る。間違いなく将来を嘱望される素材。初陣では同期の松岡が相手だが快走劇が期待される。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2016年7月22日のニュース