函館リーディング争い 2勝の間に4人ひしめく大混戦

[ 2016年7月22日 05:30 ]

 今週ラストウイークを迎える夏の函館、福島、中京開催。し烈な争いを繰り広げる騎手のリーディング争いにも注目。特に函館は2勝の間に4人がひしめく大混戦。今週の結果次第だ。

 トップの池添は先週5勝の固め打ちで急上昇。「先週は1番人気も多かったし期待に応えることができた。函館の1週目は勝っていなかったし、他場へ乗りにも行った。思ってもいない位置に来たのでリーディングはあんまり意識していない」と言うが、「欲が出ちゃいますね。ただ(ライバルに)爆発力のある相手が多い。ジョッキー同士の争いをお客さんに楽しんでもらえればいいです」とPR。“逃げ切り”に向け、今週は函館2歳Sのドゥモワゼルなど11鞍に騎乗する。

 中京は福永とM・デムーロの一騎打ちムード。福島は戸崎が独走態勢を築いている。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2016年7月22日のニュース