マカヒキ ダービー後初時計、坂路で軽く4F56秒8

[ 2016年7月22日 05:30 ]

坂路で追い切られたマカヒキ

 凱旋門賞(10月2日、シャンティイ)に参戦する今年のダービー馬マカヒキ(牡3=友道)が、ダービー後の初時計を出した。坂路を軽く上がって4F56秒8~14秒0。大江助手は「伸び伸びと、大きく動かすイメージ。背丈は少し伸びたけど、雰囲気が変わらないのが何よりですね」と感触を口にした。

 また、友道師が出国の詳細な日程を発表。8月19日の午後9時45分に成田発のKZ008便でアムステルダムに向かい、その後は陸路で滞在先のシャンティイに向かうことが決まった。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2016年7月22日のニュース