元オリ監督・大石氏の息子がデビューは6着「力不足」

[ 2016年7月22日 19:37 ]

 元オリックス監督の大石大二郎氏(57)を父に持つ新人・大石崇晴(23)のデビュー戦はほろ苦い結果に終わった。

 和歌山5R。同期・松岡の逃げをまくれず6着(7車立て)ゴール。「緊張はあまりなかった。引いて巻き返す作戦だったが、すぐに仕掛けたのでタイミングが合ってしまった。力不足。これで気持ちが楽になった。あと2日、切り替えて頑張る」。2日目は1Rに登場する。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2016年7月22日のニュース