×

【エプソムC】1番人気ルージュバックが差し切り快勝!重賞2勝目

[ 2016年6月12日 15:52 ]

<第33回エプソムカップ>レースを制したルージュバック

 「第33回エプソムカップ」(G3、芝・1800メートル・曇・良)は12日、東京競馬場11Rで行われ、戸崎騎手騎乗の1番人気ルージュバック(牝4=大竹厩舎、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ)が大外から差し切って快勝。勝ち時計は1分46秒2。

 マイネルミラノがハナを切って先行。ルージュバック、2番人気のロジチャリスは中団から、3番人気のフルーキーは中団後方からの競馬となった。

 マイネルミラノは先行したまま3、4コーナーを通過。ルージュバックはじわじわと位置を上げて直線を迎えた。

 直線に入っても粘るマイネルミラノ。だがルージュバックが大外から伸ばし、ゴール前で完全に差し切った。

 2馬身1/2差の2着にフルーキーが入り、そこから首差の3着にマイネルミラノが残した。
 
 ルージュバックは、通算2度目の重賞制覇。全成績は10戦4勝。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2016年6月12日のニュース