【中山3R新馬戦】パブロ逃げ切り 石川「芝でもやれそう」

[ 2016年1月11日 12:07 ]

 中山3Rの新馬戦(ダート1200メートル)は2番人気のパブロ(牡=手塚、父キンシャサノキセキ)が逃げ切った。

 直線は1番人気のボスキャットグレイにいったん迫られたが、そこから逆に突き放して3馬身差の快勝。石川は「直線は物見をしながらだったが手応えはあった。脚さばきが軽いし、スピードがあるので芝でもやれそう」と好感触を示した。新成人の石川は成人の日にV。「常識を持って行動したい」と大人の自覚を口にした。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2016年1月11日のニュース