【中山4R新馬戦】ミラクルウィング快勝 高橋祥師「自分で競馬を作る」

[ 2016年1月11日 12:07 ]

 ダート1800メートルで行われた中山4R、新馬戦は8番人気ミラクルウィング(牡=高橋祥、父ジャングルポケット)が3番手追走から力強く抜け出して2着馬に3馬身差をつける快勝。

 丹内は「稽古ではうるさい面を見せていたが、レースでは落ち着いていたのが良かった」と評価。高橋祥師は「自分で競馬を作る、いい内容だった。芝で通用するスピードはないからダート路線かな」と見通しを語った。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2016年1月11日のニュース