【シンザン記念】伏兵クライ重賞初V!浜中「伸びると信じてた」

[ 2016年1月11日 05:30 ]

<シンザン記念>ジュエラー(7)の猛追を退け、重賞初制覇を飾ったロジクライ(6)

 「第50回シンザン記念」が10日に京都で行われ、8番人気の伏兵ロジクライが内から伸びて重賞初制覇を飾った。

 タレントぞろいの須貝厩舎から、またもクラシック候補が現れた。重賞どころか、オープンも初挑戦のロジクライが好位インから息の長い脚を使って、堂々の押し切り。このレース4勝目となった“シンザン記念男”浜中の見事な手綱さばきが光った。「なるべく内で、と考えていました。折り合いが付いたし、いいポジションで運べました。最後は伸びると信じていたし、よく頑張ってくれましたね」

 須貝師も「浜中がうまく誘導してくれた」と好騎乗を勝因に挙げる。「京都が合うのもあるけど、馬も良くなっていた。もう少し距離が延びても大丈夫だし、トライアルから皐月賞を目指したいね」。ゴールドシップは引退したが、須貝厩舎からはまだ目が離せない。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2016年1月11日のニュース