【中山新馬戦】サバンナロードが首差制す!ベリー「次走は千四くらいがいい」

[ 2016年1月11日 05:30 ]

 中山6R(芝1600メートル)新馬戦は2番人気サバンナロード(牡=木村、父ストリートボス)が快勝。好位グループから抜け出し、ゴール前で迫ったダノンアイリスを首差退けた。手綱を取ったF・ベリーは「スタートを決めて、先行集団のいい位置につけられた。距離は現状ではマイルが限度。次走は1400メートルくらいの方がいいかもしれない」と分析した。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2016年1月11日のニュース