【京都5R新馬戦】2番人気、ヒーズインラブが直線抜け出し快勝

[ 2015年11月14日 13:27 ]

 メイクデビュー京都は14日、京都競馬場5R(芝・1600メートル・曇・やや重)で行われ、藤岡康騎手騎乗の2番人気、ヒーズインラブ(牡2=藤岡厩舎、父ハービンジャー、母シーズインクルーデッド)が、直線で抜け出して快勝。勝ち時計は1分36秒0。

 マンダリンショコラとスカイノメジャーが好スタートから飛び出し先行争い。3番手にトレノエスプレッソが続き、ヒーズインラブが4番手に位置を取った。

 3、4コーナー中間を過ぎると、ヒーズインラブが前を行くマンダリンショコラとスカイノメジャーに並びかけ、3頭による先頭争いに。直後、マンダリンショコラが後退し、ヒーズインラブとスカイノメジャーの一騎討ちとなった。

 直線でデッドヒートを展開するヒーズインラブとスカイノメジャー。直線半ばで、ヒーズインラブがリードを奪うと、スカイノメジャーをあっという間に突き放し、4馬身差を付けて1着でゴールした。

 スカイノメジャーが2着。そこから1/2馬身差の3着がトレノエスプレッソだった。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2015年11月14日のニュース