【京都4R新馬戦】ファンドレイザーが新馬戦∨ 直線で力強さ発揮

[ 2015年11月14日 11:55 ]

 メイクデビュー京都は14日、京都競馬場4R(ダート・1800メートル・曇・やや重)で行われ、アッゼニ騎手騎乗の4番人気、ファンドレイザー(牡2=中内田厩舎、父エンパイアメーカー、母チャリティークエスト)が、直線で力強く伸びて新馬勝ち。勝ち時計は1分55秒4。

 3コーナー付近で、シゲルノコギリダイ、エスプリベルテ、ディライトクライの3頭が横並びに。キクノシュペール、ファンドレイザーなどがその後ろに続いた。4コーナーに差しかかると、キクノシュペールが前を行く3頭を捉えて先頭をうかがった。

 直線の入り口では、キクノシュペール、シゲルノコギリダイ、ディライトクライの先頭争い。しかし、その後ろに付けていたファンドレイザーが、直線半ばから力強い末脚を発揮。前を行く3頭を一気にかわして、1着でゴールした。

 1/2馬身差の2着に直線で追い上げたナーウル、そこから2馬身差の3着はコパデスコパが入った。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2015年11月14日のニュース