【エ女王杯】(3)フーラブライド 流れ乗りたい

[ 2015年11月14日 05:30 ]

 昨年(4着)に続く挑戦となったフーラブライドは坂路でキャンター(4F68秒1)。力感あふれる脚さばきで駆け上がった。

 木原師は「今回が一番ハードに調整できたし、やるだけのことはやった。パンパン馬場よりは少し時計がかかるぐらいがいいかな」と状態は太鼓判。枠は3番枠に決まった。「前走(京都大賞典5着)みたいに流れに乗るレースができれば」と好走を祈っていた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2015年11月14日のニュース