展開を読む【武蔵野S=平均ペース】

[ 2015年11月14日 05:30 ]

 セカンドテーブルは初ダートだが、芝スタートなら難なく主導権。モーニン、グレープブランデーは好位から。ノンコノユメ、ゴールデンバローズは中団~後方で折り合って徐々に進出する。直線は先行勢VS差し馬が激しい叩き合い。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2015年11月14日のニュース