【阪神新馬戦】マスターリデル逃走V 力みなく、物見もせず

[ 2014年12月29日 05:30 ]

 阪神5R(芝1400メートル)新馬戦は、逃げた7番人気マスターリデル(牡=松永昌、父サムライハート)が直線でも脚色衰えず3/4馬身差V。「練習からゲートが速かった。内枠で楽に行けました」と森。マイペースに持ち込み、ラストは外のエルクンバンチェロと併せる形で闘争心をうまく引き出した。「道中は力みもなく物見もしなかった。最後ももうひと伸び。頑張って走ってくれました」と愛馬を称えた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2014年12月29日のニュース