【KEIRINグランプリ】岸和田に長渕剛来た、出場9人にエール唱

[ 2014年12月29日 05:35 ]

KEIRINグランプリ開会式でイメージソング「走る」を熱唱する長渕剛

 剛がバンクでシャウトした!!28日の岸和田競輪初日第5レース終了後、バンク内でKEIRINグランプリ開会式が行われ、岸和田GPイメージアーティストの長渕剛(58)が登場。4000人を超えるファンがツヨシコールで迎えた。

 「(競輪のライブ観戦は)初めてだが圧巻。感動している」と、まずはあいさつ。「男気あふれる、だんじりの地で有名な岸和田でのグランプリ開催をうれしく思う。選び抜かれた9選手がてっぺんを目指す。まさに命を懸けて走る。全ての競輪選手たち、そして来場した皆さん、岸和田の空に向けて、この歌をささげたい!!」と高らかに宣言し、KEIRINグランプリ2014イメージソング「走る」を熱唱した。

 「KEIRINグランプリ万歳!!岸和田万歳!!」とシャウトして、最後にGP9選手、ヤングGP9選手と1人ずつがっちり握手。ファンの大歓声に大きく手を振った。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年12月29日のニュース