【有馬記念】トーセンラー 直線伸びず8着終戦、藤原英師は感謝

[ 2014年12月29日 05:30 ]

 ラストランのトーセンラーは8着。希望通りの最内枠から、道中も好位のインをキープしたが、直線は伸び切れなかった。「最高のレースができたんだけどね。昨年ほどの感じがなかった」と武豊。藤原英師は「よく頑張ってくれた。感謝の言葉しかない。俺の中ではオルフェーヴルに勝った(11年きさらぎ賞)ことが勲章。種馬としても面白いと思う」と、労をねぎらった。

 ◆トーセンラー 父ディープインパクト 母プリンセスオリビア(母の父リシウス)牡6歳 栗東・藤原英厩舎所属 馬主・島川隆哉氏 生産者・北海道千歳市社台ファーム 戦績25戦4勝 G1・1勝(13年マイルCS) 総獲得賞金4億6097万6000円。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2014年12月29日のニュース