【京都新馬戦】ベストルーラー あふれるスピード感で12秒6

[ 2013年11月1日 06:00 ]

 土曜京都6Rでデビューするベストルーラー(牡=石坂、父ローマンルーラー)はトレーニングセール出身馬らしく、スピード感あふれる動きを見せている。最終追い切りは坂路併走で馬なりながら4F52秒7~12秒6の好時計。「ゲートはそんなに速くないが、二の脚がある。初戦からいい競馬になりそう」と井上助手も手応えありだ。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2013年11月1日のニュース