【東京新馬戦】動き光るトーセンセラヴィ 重賞V馬と互角追い

[ 2013年11月1日 06:00 ]

 日曜東京6Rではトーセンセラヴィ(牝=加藤征、父ディープインパクト)の動きが光る。木曜追いは坂路で4F51秒8~1F13秒4。重賞Vの実績があるトーセンベニザクラ(4歳1600万)を2馬身追走し、馬なりで併入した。加藤征師は「素晴らしい動きだった。素質も高く、体もちょうど締まっていい感じ」と評価。母トーセンジョウオーは04年関東オークスなど交流重賞6勝で、初陣に注目が集まる。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2013年11月1日のニュース