【JBCレディスC】クラーベセクレタ 川島正師「今年一番」

[ 2013年11月1日 06:00 ]

 牝馬G1・JBCレディスクラシック(4日、金沢)に出走する川島正厩舎勢が31日、船橋で追い切りを行った。

 重賞11勝のクラーベセクレタは5F62秒3~49秒3~37秒4(馬なり)。マニエリスムは同64秒1~49秒6~37秒5(強め)。ともに単走。クラーベは今年4戦未勝利だが前走のG2で4着と前進。川島正師は「今年一番の出来。気負うタイプではないので輸送、初コースは心配ない。本来の力を出せれば中央馬とも差はない」と話した。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2013年11月1日のニュース