【AR共和国杯】ルルーシュ強い!押し切って重賞初制覇

[ 2012年11月4日 15:59 ]

 東京メーン11R「第50回アルゼンチン共和国杯」(G2、芝2500メートル)は4日、東京競馬場で行われ、横山典騎乗の2番人気、ルルーシュ(牡4=藤沢厩舎、父ゼンノロブロイ、母ダンスーズデトワール)が重賞初制覇を果たした。勝ち時計は2分29秒9。

 レースはスタート直後にミッキーペトラが先頭に立ち、イケドラゴン、ルルーシュ、ビートブラックが続く。1番人気のギュスターヴクライは中団やや後方の位置取り。3コーナーを過ぎ、ほぼ一団となると、最終コーナーを回って直線へ。ここで敢然と先頭に立ったルルーシュは徐々に後続と差を広げると、そのまま押し切って快勝。1馬身半差の2着にムスカテール、3着にはマイネルマークが入った。ギュスターヴクライは6着に終わった。

 ◇ルルーシュ 4歳牡馬、父ゼンノロブロイ、母ダンスーズデトワール。北海道千歳市の社台ファーム生産、馬主は山本英俊氏。戦績は11戦6勝、重賞は初勝利。獲得賞金は1億5277万9千円。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2012年11月4日のニュース