【東京5R新馬戦】ジェベルムーサ、豪快差し切りV

[ 2012年11月4日 12:50 ]

 「メイクデビュー東京」(ダート1600メートル・晴良16頭)は4日、東京競馬場5Rで行われ、柴山騎手騎乗の4番人気、ジェベルムーサ(牡2=大竹厩舎、父アグネスタキオン、母アビラ)が、豪快な末脚で怒とうの差し切りV。勝ち時計は1分40秒0。

 レースはヤマニンビルトゥズが好スタートを切り、キャビンクルー、ブラウンマンボーなどと先頭集団を形成。最後の直線に入り、一団からサルバドールハクイが抜け出すも、最後方からジェベルムーサが急襲。豪快に脚を伸ばし、ゴール前で逃げ粘るサルバドールハクイを首差とらえた。

 3着にローレルアルトス。1番人気のフチは発走時点で馬装整備となった影響があったか、16着に沈む波乱となった。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2012年11月4日のニュース