安めぐみ 東MAXの“懐事情”は「謎」 暴露話で爆笑さらう「支払いで手が震えている時が…」 

[ 2021年10月12日 21:32 ]

タレントの安めぐみ
Photo By スポニチ

 タレント、安めぐみ(39)が12日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!秋の超豊作SP」(後7・56)に出演し、「夫婦生活を壊さないため我慢していること」をテーマにトークした。

 2011年にお笑いタレント、東貴博(51)と結婚した安は、「東さんがお金を、貯金とかいくら稼いでいるかとか、いくら持っているかとか、結婚してから全く教えてくれなくて。全く謎すぎて」と打ち明けた。夫婦の財布は「別」といい、「私のお金は夫が把握しているんですけど、(東は)後輩の方におごったり。急に大きなシャンデリアとか、王様イスみたいなのが家に届いたりとか。ムリしていないかなぁとか、心配になって。もうちょっと知りたいなっていうのがあって」と話した。

 番組MC・明石家さんま(66)は、東の父であるコメディアン・東八郎さん(1988年死去、享年52)に触れ、「お父さんもお笑いの人やから、そういうのは気にするなって教えがあるかもな」と推測。安は「そうですね」と応じながらも、「でもたまに支払いでちょっと(東の)手が震えている時とかがある」と続け、爆笑をさらった。 一万円札で汗をふくネタなどで知られる東について「本当にお金持ちなのか分からなくて」と安。夫は「何でも一括で買う」と暴露した上で、「何でそんなに一括で買うの?って言ったら『俺は“一括屋芸人”なんだ』ってよく分からないことを言って。ごまかすから、たまに心配に…」と悩ましげな様子。さんまは「それは大丈夫やろ(東は)お店もやっているし」と太鼓判を押し、「でも手が震えるのは心配やな」とツッこんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月12日のニュース