ヒロミ「え、持てるの!?」 妻・松本伊代の言動に驚き「ものすごいショックだった」

[ 2021年10月12日 22:09 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレント、ヒロミ(56)が12日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!秋の超豊作SP」(後7・56)に出演。妻でタレント・松本伊代(56)の言動にツッコミを入れ、「ものすごいショックだった」と苦笑した。

 松本は7月に背骨を圧迫骨折、自宅療養を経て仕事復帰した。ヒロミは「ほとんど(松本は)寝ているんですよ、起きてもゆっくり歩くとかで」と説明。「自分が朝ごはんを買いに行ったり。お風呂も入れないし、着替えも出来なかったから、シャワーをやって。それをずっと2カ月間くらいやったんですよ」と、献身的に看護したことを振り返った。

 妻は次第に回復したそうだが、「『まだ重いもの持てない』とか、何をやるのにも『あ、パパ取ってこれ』とか言っていた」状況だった。引き続き、日常生活を支えていたヒロミにまさかの出来事が。「そしたら友達が快気祝いを持ってきてくれて。大きめの箱でオレンジの(袋の)エルメスだったわけ。うちのママが何にも持てないはずなのに『嬉しい―!』って、俺ものすごいショックだった」と打ち明けた。

 「え、持てるの!?って。エルメスは持てるんだって思って」と嘆いたヒロミは、「でもわがままになるんですよ。車乗っていて、ちょっとでも俺がブレーキをきつくかけると『チッ』って言う」と松本の言動を暴露、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月12日のニュース