沖縄出身の黒島結菜 返還50周年の朝ドラ撮影中「懐かしい気持ち」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

来春スタートのNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロインを務める黒島結菜
Photo By 提供写真

 来春スタートのNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロインを務める女優黒島結菜(24)が11日、東京・渋谷の同局スタジオで現在行っている撮影について「一日一日を大事にしていきたい」とコメントした。

 今作は沖縄返還50周年の節目に放送される作品で5日にクランクイン。沖縄で育ったヒロインが、高校卒業を機に料理人を目指し上京する物語で、黒島自身も同県出身。「(セットは)おばあちゃんの家の造りとほとんど一緒なので懐かしい気持ちになりました」と沖縄そばを手にしながら笑顔。「渋谷のど真ん中にいるはずなのに、沖縄に帰ってきたような気持ちになります」と撮影を楽しんでいる。

 制作統括の小林大児氏は「黒島さんがコミカルにフットワーク軽く、現場をどんどんリードしていってくれています」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月12日のニュース