カンニング竹山、タトゥー文化に理解示す バラエティーでの扱いに違和感「日本はそろそろ許してもいい」

[ 2021年8月30日 22:50 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(50)が30日放送のABEMA「ABEMAPrime」(月~金曜後9・00)に出演し、タトゥー文化について持論を語る場面があった。

 番組では、タトゥー文化について特集。「縄文族」と呼ばれるアートプロジェクトで、縄文土器の文様を基にデザインされたタトゥーを全身に彫る人々を取り上げた。プロジェクトのメンバーで「身体改造ジャーナリスト」のケロッピー前田氏は「『縄文時代にタトゥーはあったのか?』という疑問に、私たちは現代人の身体を使って具体的にその返答を試みようと思います」と、テーマを掲げている。

 タトゥーは海外では文化として浸透しているものの、日本では反社組織と関連付けられて見られることも。竹山は「タトゥーはね、そろそろ日本も考えないといけないと思っていて。結局これって、反社の人を排除したいわけじゃないですか?ミュージシャンの人とかがスパに入れないのは、おかしいと思う」と、理解を示す。

 「バラエティーでも、タレントさんでワンポイントをいれてる人がいて。その人がプールのロケとかに行くと、テーピングを貼らないといけないんですよ。『それ、おかしくね?』っていう考えもあります。自分が入れてないのは、自分の意識のなかで入れたくないっていうだけで。タトゥーのことは、日本はそろそろ許してもいいんじゃないかは思いますね」と、持論を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月30日のニュース