レスリー・マッコーエンさんが死去 65歳 ベイ・シティー・ローラーズの元ボーカル

[ 2021年4月23日 13:10 ]

2010年時のマッコーエンさん(AP)
Photo By AP

 1970年代に活躍した英スコットランドのロックバンド「ベイ・シティ・ローラーズ」のリードボーカルだったレスリー・マッコーエンさんが20日に死去。家族が22日に明らかにしたもので65歳だった。死因は明らかにされていないが「自宅で急死した」とされている。

 マッコーエンさんは1974年、すでに6年の活動歴があったベイ・シティー・ローラーズに加入。1976年にセルフカバーという形で再リリースした「サタデー・ナイト」は米国や日本でも大ヒットとなり、来日時には熱狂的なファンが周囲にあふれていた。

 しかし人気はわずか数年しか続かず、マッコーエンさんは1978年に脱退。ここ数年はかつてのメンバーと一緒に英国や北米でツアーを行っていた。

 なおバンド結成時のオリジナルメンバーでは、2018年7月にベースを担当していたアラン・ロングミュアーさんが70歳で死去している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月23日のニュース