純烈・白川裕二郎 左肩腱板手術で入院「すぐに元気な笑顔と声をお届けします」

[ 2020年11月25日 05:30 ]

「純烈」の白川裕二郎
Photo By スポニチ

 4人組歌謡グループ「純烈」の白川裕二郎(43)が24日、断裂した左肩腱板の内視鏡縫合手術のため都内の病院に入院した。

 白川は所属レコード会社を通じ「ファンの皆さまに大変心配をおかけし、申し訳ありません。すぐに元気な笑顔と声をお届けしますので!」とコメント。出場が決まっている大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」について、レコード会社は「手術は万全に臨みたいという本人の意向で、出演には全く問題ないと聞いている」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月25日のニュース