海原はるかも新型コロナ感染 相方・かなたに続き 自宅待機後にホテル療養へ

[ 2020年11月25日 17:04 ]

新型コロナウイルス感染が確認された海原かなた(左)と海原はるか
Photo By スポニチ

 ベテラン漫才コンビ「海原はるか・かなた」の海原はるか(72)が新型コロナウイルスに感染したと所属する松竹芸能が25日、公式サイトで発表した。相方・海原かなた(73)の感染が20日に確認され、はるかは濃厚接触者になっていた。

 「11月20日(金)海原かなたの新型コロナウイルス感染を受けて、濃厚接触者となりました海原はるかですが、11月23日(月)にPCR検査を受けたところ、11月24日(火)に陽性の検査結果が出ました」と報告。今後は保健所の指示に従い、自宅待機の後、指定された大阪市内のホテルで療養する。「濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処してまいります」とした。

 事務所関係者によると、はるかは「発熱もせず無症状」。今後は自宅待機し、保健所から指定された大阪市内のホテルで療養する予定だ。かなたは味覚、嗅覚に異常を訴えており、現在は大阪府内のホテルで療養中。

 松竹芸能は20日、かなたの感染を発表。はるかが濃厚接触者となり、保健所の指導の下、PCR検査を受ける予定としていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月25日のニュース