坂上忍、賭け麻雀“テンピンはセーフ”に「そんなの蛭子さんだって絶対知らなかったはず」

[ 2020年5月28日 14:17 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(52)が28日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭け麻雀をして辞職した黒川弘務前検事長(63)が「訓告」処分となったことについて言及した。

 賭けのレートが1000点で100円の「テンピン」だったため、「訓告」処分にとどまったとされる黒川氏。25日放送の同番組では、同局・平井文夫上席解説委員と元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士(63)が賭け麻雀捜査の「実態」を解説した。

 坂上は「今週の月曜日だっけ?専門家の方がテンピンは事実上セーフで、リャンピン(1000点200円のレート)からがアウトなんだって。俺は本当に腰が抜けそうになった」と3日前の放送を振り返り、98年11月に都内の麻雀店にいたところを現行犯逮捕された漫画家でタレントの蛭子能収(72)を例に挙げて「蛭子さんはリャンピンだからダメだったんだって。そんなの蛭子さんだって絶対知らなかったはずだよ」とあきれ顔だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月28日のニュース