志らく 木村花さんへの誹謗中傷投稿に怒り「こうした連中をどうやって排除していくか」

[ 2020年5月25日 10:19 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が25日、MCを務めるTBS「グッとラック!」(月~金曜前8・00)で、プロレスラーの木村花さん(享年22)が死去したことを受け、SNSとの向き合い方についての持論を述べた。

 木村さんについては「自殺と決まった訳ではないので安易にものは言えないんですけど」と断りつつ、SNS上での誹謗(ひぼう)中傷をそのまま受け止めてしまう人は「周りは見えないんですよ」と指摘。

 周囲から「誹謗中傷するなんて本当に数%、1~2%の訳の分からないやつがやっていることだから、そんなの気にすることないじゃないか」と言われても、「当人は、そこの世界に入っているとそこが世界になっちゃう。周りがいくら言ってもどうにもならない」との私見を語った。

 「“こんなことになるんだったらツイッターなんかやらなきゃいいじゃないか”って言うんだけども…でも良いものにしたいじゃないですか、どうせやるならば」と続け、「こうした(誹謗中傷をする)連中をどうやって排除していくかってことですよね」と憤った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月25日のニュース