×

山之内すず 1人暮らし1年で友人に指摘された変化とは?

[ 2020年5月16日 13:09 ]

 モデルで女優の山之内すず(18)が、16日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演し、スタイルキープのための巣ごもり生活を披露した。

 「本当に太りやすい体質で、白米をずっと食べていると、それだけでぶくぶくぶくぶくと太ってしまう」という山之内は、オートミールなどでヘルシーな食事を心がけているという。番組で披露したのは、オートミールに水を加えてレンジで柔らかくし、鶏ガラスープや塩こしょう、ごま油などで味付けるシンプルなもの。「腹持ちもいいし、おいしいし、よく食べてます」と説明した。

 さまざまなSNSを駆使する10代のカリスマだけに、最近のおうち時間では動画撮影に多くの時間を費やしているという。YouTubeの「踊ってみた」動画や、TikTokの動画撮影で汗を流す様子を紹介。「家にいる時間が長いというのもあるので、いい暇つぶしにもなるし、ちょっとでも撮るためにメイクしようとか、だらけすぎないのもいい」と、メリハリ生活の秘訣を口にした。

 昨年の3月から1人暮らしを始めた。「最初はめっちゃ寂しかったですけど、1年たつと自分の落ち着く空間ができ上がりすぎて、家が大好きで仕方ない」と、快適な空間での日々を楽しんでいることを明かした。

 一方で、地元を離れたことで、徐々に話し言葉が変わり始めているという。地元兵庫の友達とのビデオ通話で「結構、標準語入ってきたな」と指摘されると、「それ言われるの、気まず!」と本音をポロリ。キュートな関西弁も人気のポイントだけに、「『すずは一生関西弁しゃべるんや』って言っておるわけじゃん?また『じゃん』って言った…」と、自覚症状に苦笑いしていた。

 MCの久本雅美(61)からも「関西人が必ず言うこと。『あんた、言葉変わってきたな』て」と突っ込まれると、山之内は「1年前に出てきた時は絶対に変わらんて思ってたのに、自分の知らん間に変わってきてるみたいで」と驚いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2020年5月16日のニュース