宇垣美里 苦手なタイプをズバリ告白「関西人の風上にも置けねぇ!」

[ 2019年12月12日 19:05 ]

フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里(28)が11日深夜放送の関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」(水曜深夜0・25)に出演し、揺るぎないポリシーや苦手なタイプを語った。

 TBSの局アナ時代から、ハッキリした物言いや、媚びない姿勢で、発言のすべてが話題になるともいわれる宇垣。「思ったことをわりとそのまま言っちゃうタイプで。脊髄からモノを話してしまって止まらない」と自身の性格を明かした。

 これに対し、関ジャニ∞・村上信五(37)は「自分の世界がもうちゃんとしてはるもんな」とコメント。宇垣は「そうですね。わりと自分1人で生きていけるタイプだと思います」とし、続けて「それこそ一緒にトイレに行こうとか言われると、1人ですることなのに、なぜ人と行かねばならないみたいな気持ちになっちゃって」と、ポリシーを話した。

 苦手なタイプもハッキリしているが、異性では「黙ってオレについてこい男」が駄目だという。宇垣が「3歩後ろをついてこいって言われても、私は私の行きたいところに行くのでという感じですね」と話すと、関ジャニ∞・横山裕(38)が「村上さん、そういう(ついてこい)タイプや」とし、続けて「絶対に上手くいかへん、2人は。お互い我が強いもん」と分析した。

 同性で苦手なタイプは「私、関西人だから女」を挙げた。自身は兵庫県出身。大学まで関西で過ごし上京したが「関西人だからキツイ事とか、無礼な事を言っても『ごめん、関西人だから』という人は、関西人の風上にも置けねぇ!それはあなたが無礼なだけである!といつも思うので」と、関西女としての心情を吐露。

 村上が「ちょっと免罪符みたいに言うからな」と同調すると、「腐ってるんだろ、根が!と思うんですよ」と、ズバッと切り込み、スタジオの笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月12日のニュース