梅宮アンナ「梅宮辰夫を最期まで愛してくれてありがとうございます」 「バラいろダンディ」にコメント

[ 2019年12月12日 21:31 ]

梅宮アンナ
Photo By スポニチ

 慢性腎不全のため死去した俳優・梅宮辰夫さんの一人娘でタレントの梅宮アンナ(47)が12日、水曜のレギュラーを務めているTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)にコメントを寄せた。

 梅宮さんは16年には同番組に出演。この日は梅宮さんと長年親交があった俳優の梅沢富美男(69)が出演しており「お前が言うなら出ようかって、こんなくだらない番組にも一回出てくれた。あの時はうれしかったな」と16年に出演した時のことを振り返っていた。

 梅宮アンナのコメントは以下の通り

バラいろダンディをご覧の皆様、出演者の皆様、番組関係の皆様、父・梅宮辰夫のためにお時間を頂き有難うございます。

父はテレビに出ることが何よりの生きがいで、そんな機会を与えていただいて感謝しかありません。

梅宮辰夫を最後の最後まで梅宮辰夫でいさせてくれたのは、ほかでもないファンの方々や、共演して頂いた皆様、番組を作って頂いたスタッフの皆様あってこそと思っております。

梅宮辰夫を最期まで愛してくれてありがとうございます。最後に、梅沢さんと父がバラいろダンディで共演してくれることをずっと夢見ていました。

梅沢さん、今まで父を色々とフォローして頂きありがとうございました。梅沢さん、これからも元気で長生きしてください。

そしてバラいろダンディをご覧の皆様、共演者の皆様、スタッフの皆様、今後ともよろしくお願い致します。

梅宮アンナ

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月12日のニュース