立川志らく TBS朝の顔就任で「朝から志らくシヨウ」「午前中に帯番組を二本やるようになるとは」

[ 2019年9月2日 10:13 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が2日、自身のツイッターを更新。今月30日スタートのTBSの朝の情報番組「グッとラック!」(月~金曜前8・00)のMC就任発表を受け、改めてコメンテーターを務める同局「ひるおび!」の1部(月~金曜前10・25)とのハシゴ出演を宣言し、「朝から志らくシヨウ」と意気込んだ。

 志らくは「秋から月~金の帯で朝の情報番組グッとラックのメインになります。ひるおびも出ます。芸人は囃されたら踊れと談志は言っていた。人生成り行きは談志の格言。噺家は世情のアラで飯を食いともいう。寄席のない立川流の私にはこれが寄席。人の見ていない世界を見るのが落語家には一番大切な事。宜しく」と改めてMC就任を報告。「志らくがMC?回せるの?回すのは国山ハセンさんです。つまり朝から志らくシヨウ。落語会に支障が?朝からやっている落語会はありません。今まで通り落語会も下町ダニーローズの芝居もバラエティ出演も競馬予想もやります。深夜にウオーキングデッドみたいなドラマは見られなくなるけど。オフは家族と!」「ひるおびは辞めへんで!^_^」とつづった。

 さらに「それと来年は落語家生活35周年。落語のイベント目白押し。身体の心配は大丈夫。朝が早い、それも毎日。つまり早寝早起き。健康生活。それにサラリーマンの方が大変だ。朝のラッシュとか。落語に専念したら?あのね、どれだけ全国で独演会やっていると思ってるの。専念してる落語家より専念してるよ」と今まで通り、落語にも力を入れることを宣言。「政治家になるより良いだろう^_^テレビ出演を拒否し続けてきた私が談志への恩返しでテレビに出ようと決めてプロダクションを移籍した。しかしまさか午前中に帯番組を二本やるようになるとは想像していなかった」と自身の変化に驚きつつ、「朝2時間メインを張ってCM中にスタジオを移動してコメンテーターをやるってなんだそりゃ?」と自身にツッコミを入れた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月2日のニュース