竹内涼真 板垣瑞生を褒めちぎる「僕が18歳のときは髪型のことしか考えてなかったけど…」

[ 2019年9月2日 20:18 ]

映画「初恋ロスタイム」完成披露上映会に出席した(左から)板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真
Photo By スポニチ

 映画「初恋ロスタイム」(20日公開、河合勇人監督)の完成披露上映会が2日、都内で行われ、映画初主演の俳優、板垣瑞生(18)と実写映画初出演の吉柳咲良(15)ら“初初コンビ”が先輩の竹内涼真(26)らと舞台挨拶を行った。

 突然「自分以外のあらゆるものの時間が停止する」という不思議な体験をした主人公が、自分以外に唯一動ける少女と出会い、不思議な時間“ロスタイム”を共有して互いの距離を縮めていくラブストーリー。

 板垣が竹内に「竹内君は売れている人。普通ならば『(これが)俺の芝居だから』とか、なるはずなのに、すごく優しかった」と正直な感想を伝えると、竹内は「あなたもすごいよ」と切り返し「今18でしょ?俺が18歳のときは髪型のことしか考えていなかった」と明かし、会場の笑いをさらっていた。

 また「ホリプロスカウトキャラバンの時から見ている」という吉柳には「前から度胸がある子だなと思っていた。今日も(衣装で)肩出してるし(笑)」と突っ込みつつも、“初主演×初出演”となる2人の若手に対し「2人とも撮影中に表情がどんどん変わっていった。そんな2人の“変化”も感じながら、映画を観てほしい」と笑顔で締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月2日のニュース