「ちびまる子ちゃん」新作 「りぼん」に掲載 アニメ用脚本元にアシスタントタッフが新たに漫画化

[ 2019年9月2日 17:02 ]

「ちびまる子ちゃん」の新作掲載を知らせる「りぼん」の告知ページ(C)さくらプロダクション
Photo By 共同

 集英社は2日、10月3日発売の少女漫画誌「りぼん」11月号に、昨年8月に53歳で死去した漫画家さくらももこさんの代表作「ちびまる子ちゃん」の新作を掲載すると発表した。さくらさんがテレビアニメ用に生前執筆した脚本が原作という。

 新作は「ちびまる子ちゃん ハロウィンパーティーをやろうの巻」という23ページの作品で、さくらさんが1995年10月に放送されたテレビアニメのために書き下ろした脚本を、さくらさんのアシスタントを長年務めてきた「さくらプロダクション」のスタッフが新たに漫画化した。

 「りぼん」では今後も「ちびまる子ちゃん」の新作を不定期で掲載していく予定という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月2日のニュース