足の震え止まらず…ガリットチュウ福島が復帰「闇営業行ったらこうなるからな!」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

舞台復帰したガリットチュウの福島善成はせんとくんの格好で自虐ギャグ
Photo By スポニチ

 闇営業問題による吉本興業からの謹慎処分が19日に解除されたガリットチュウの福島善成(41)が20日、東京・新宿の劇場「ルミネtheよしもと」で復帰した。

 「お帰り~」などの大歓声に迎えられ、冒頭で「いつも応援してくださる皆さま、関係者の皆さま、何よりも詐欺被害者の皆さまに不快な思いをさせて申し訳ございません。本日から復帰させていただきます」と謝罪した。

 その後一度舞台袖に下がり、奈良県のマスコットキャラ・せんとくんのモノマネで再登場。相方の熊谷茶(41)の衣装を破くネタで舞台狭しと動き回った。古雑誌を怪力で裂き「闇営業に行ったらこうなるからな!」と叫ぶ自虐ネタも披露した。

 関係者によると、復帰するにあたり、当初用意していたネタから直前でインパクトの強い衣装を破くネタに変更。福島は舞台上で緊張から足の震えが止まらなかったようだが、足に力を入れて踏ん張っていたという。芸人仲間は「普段、人前で涙を見せない主義の福島さんだが、舞台終わりで観客の拍手が鳴りやまず、涙をこらえるのに必死だったようです」と話した。

 《入江は清掃活動》闇営業を仲介したことで吉本興業を契約解消となったカラテカ入江慎也(42)が都内で清掃活動を行っていることが分かった。「8」のつく日に渋谷駅のハチ公前広場を清掃する「チーム渋谷888」の活動に今月8日と18日に参加。関係者によると自宅周辺でも1日1時間の清掃を行っている。知人は「少し前から自主的に社会奉仕を行っている。謹慎処分は解けましたけど、迷惑をかけてしまった芸人仲間に対しては何かできることはないかと考えているようです」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月21日のニュース