KAT―TUNファン公言の尾木ママ 脱退→逮捕の田口容疑者に「その結果がこれなの?」

[ 2019年5月26日 08:43 ]

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏
Photo By スポニチ

 日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)が26日に生放送され、元「KAT―TUN」のメンバーで歌手の田口淳之介容疑者(33)が交際中の女優、小嶺麗奈容疑者(38)とともに、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件をトップニュースで取り上げた。

 司会の中山秀征(51)が「ちょっと驚きのニュースが飛び込んできた。昨今、大麻については海外で合法になったり、非常に話題になっている。また逮捕者が出てしまったという、残念なニュースなことですね」とコメント。ジャーナリストの手嶋龍一氏(69)は「よく大麻はニコチンよりも害がないと。だから、オランダ、米コロラド州も販売も含めて自由化されているじゃないかと、という意見がある。実態はかなり違う」としたうえで「日本では少なくとも法律で禁じられている。そういうものを吸ったり、取引をしたりいうのはその背後には反社会的な暴力の影がある。若い方も含めて大麻には絶対に手を出してはいけない」と力を込めた。

 そんな中、KAT―TUNファンを公言している教育評論家の尾木直樹氏(72)は「元KAT―TUN、元KAT―TUNってどんどんテレビで流れるでしょ。身を切られる思いです」とグループのファンとしての思いを吐露。「これまで中丸くんたちがどれだけ苦労して充電期を乗り越えて今、やっているかと感じてきたものですから」と番組レギュラーの中丸雄一(35)ら現役のメンバーを思いやり、「かたや、田口くんは何をやっていたのか。その結果がこれなの?って。ファンへの裏切りと、中丸くんたちをどれだけ傷つけているかと思うと、たまらない。どんなことがあっても立ち直ってほしい」と語気を強めた。

 関東信越厚生局麻薬取締部が22日、東京都世田谷区の田口容疑者の自宅マンションを捜索。小袋に入った乾燥大麻数グラムを押収し、薬物鑑定した結果、陽性反応を示したため午後1時47分に現行犯逮捕した。同部は24日、田口、小嶺両容疑者を送検した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月26日のニュース