BIGBANG V.I出頭 売春あっせん容疑で2回目聴取へ

[ 2019年3月15日 05:30 ]

14日、事情聴取のためソウル市内の警察に出頭したV・I
Photo By 聯合=共同

 芸能界引退を表明した韓国男性グループ「BIGBANG」元メンバーのV.I(ヴィ・アイ、本名イ・スンヒョン、28)が14日、韓国警察に出頭した。投資家に対する性的サービスを含む接待に関与した疑いがあるとして立件されており、売春あっせん容疑で事情聴取を受けた。

 共同電によると、V.Iは出頭した際、報道陣に「誠実に捜査に臨みます」と述べた。聴取は先月27日に続き、2回目。V.Iは疑惑を受け、今月11日に引退を表明したが、関与は否定している。所属事務所は13日に専属契約を解除した。

 警察は14日、隠し撮りしたとみられる性行為の動画を無料通信アプリ「カカオトーク」のグループチャットで共有したとして、性暴力犯罪処罰法違反の疑いで歌手チョン・ジュニョン(30)も事情聴取。このグループチャットにV.Iが参加していたため疑惑が浮上した。

 V.Iは日本の豚骨ラーメンを提供する店を運営し、韓国で約40店舗展開するほか海外にも進出。ソウル市内のクラブ「バーニングサン」も経営するなど実業家としても幅広く活動していた。クラブは投資家の接待現場となったとされるほか、違法薬物流通などの疑惑が噴出している。

 今回の事件には警察との癒着疑惑も浮上。韓国芸能界では長く性的接待疑惑も取り沙汰されるだけに、今後の行方が注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月15日のニュース