“たまむすびファミリー”玉袋筋太郎 瀧容疑者に「全員でケツバットだ!」

[ 2019年3月15日 15:29 ]

玉袋筋太郎
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「浅草キッド」の玉袋筋太郎(51)とTBSの外山恵理アナウンサー(43)が15日、ラジオ番組「たまむすび」(月~金曜後1・00)で麻薬及び向精神薬取締法違反(使用)容疑で逮捕された“たまむすびファミリー”のピエール瀧容疑者(51)について言及した。

 
 冒頭の10分間、2人は瀧容疑者に対する思いを吐露。玉袋は「俺たちの稼業って皆さまに見られてなんぼの仕事。毎日が綱渡りみたいなもんで、あいつ落ちそう、でも落ちねえって。俺は10メートルくらいのところを渡っているけど、瀧はもっと高いところを綱渡りしている男だった。でも落っこっちゃいけないよ」と独特の言い回しで、瀧容疑者の行為を責めた。

 また外山アナは「深夜の速報で知ったんですけど、まさかって思いました。最初は“えっ、瀧さん死んじゃったの?”と勘違いしちゃった。そして次の日、ニュースを読む日だったんですけど、一番最初に瀧さんのニュースを読むことになって、なんで!って感じでした」と複雑な思いを明かした。
 
 最後に玉袋が「(同級生の瀧に)グラウンド3周うさぎ跳びだ!そして俺たち全員でケツバットだ」と笑いに変えて、瀧を戒めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月15日のニュース