アニサキスに続き虫垂炎の南キャン山里に…しずちゃん「どこにお礼言いにいけばいいんやろ」

[ 2018年12月20日 09:45 ]

「南海キャンディーズ」の“しずちゃん”こと山崎静代
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の“しずちゃん”こと山崎静代(39)が19日深夜放送のTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)で、虫垂炎のために欠席した相方・山里の代役パーソナリティーを担当。山里の体調事情などについて語った。

 番組冒頭、「山ちゃんが虫垂炎になってしまったということで。お休みをさせていただきます」とし、自身がピンチヒッターを務めると伝えた、しずちゃん。山里の虫垂炎は携帯でのニュースで知ったといい「別に、連絡とかは一切とってなくて。お互いに『ラジオ頼むよ』ともなく。私も『大丈夫?』ともなく。何の状況も分からないんですよ、山ちゃんがどれぐらいな感じなのか」と、病状について把握していないとした。

 山里が昨年1月に「アニサキス胃腸炎」と診断されたことにも触れ、しずちゃんは「山ちゃん、ちょこちょこ病気で。1年前ぐらいはアニサキス、寄生虫ありましたね。虫関係が多いなって思って」。実は当時、東京・目黒にある「寄生虫博物館」を訪れたといい「お礼言いに行きました、アニサキスに(笑い)。『どうもありがとうございました。アイツに寄生して、痛めつけてくれてありがとうございました』って」と告白。「今回は虫垂炎なんで、どこにお礼言いに行けばいいんやろうかって」とユーモアいっぱいにいじりながら、最後は「虫垂会館とかあればいいんですけど」と悪乗りして周囲を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年12月20日のニュース