復帰の可能性を含め議論続けたが…NEWS小山「news every.」降板

[ 2018年12月20日 05:30 ]

「NEWS」の小山慶一郎
Photo By スポニチ

 NEWSの小山慶一郎(34)が、キャスターを務めていた日本テレビ「news every.」(月〜金曜後3・50)を降板することが19日、同番組内で発表された。

 小山を巡っては、昨年末に当時未成年の女性と飲酒していたことが6月に発覚。ジャニーズ事務所は小山に対し、一定期間の活動自粛処分を下した。小山は同7日放送の「news every.」に生出演し謝罪。それ以降は同番組への出演を見合わせていた。

 この日の放送では、メインキャスターの藤井貴彦アナウンサー(47)が小山のコメントを代読。「今回の件では多くの方にご迷惑とご心配をお掛け致しまして、心からおわび申し上げます」と改めて謝罪し「番組スタッフの方々および事務所スタッフと話し合い、今回番組を離れることになりました」と降板を報告した。

 視聴者やキャスト、スタッフ、取材対象者への感謝に続き「(番組を)離れることは残念ですが、『news every.』の8年で培った経験をこれからの人生に生かしていきたいと思います」とコメント。藤井アナは最後に「こうしたことで時間を使うことへのご批判もあろうかと思います。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 小山の活動自粛は19日間で解除され、8月には東京・味の素スタジアムで15周年記念ライブを行うなどしていたが「news every.」の出演自粛は続いていた。テレビ局関係者は「キャスターとして取材姿勢などは評価されており、復帰の可能性を含めた議論を続けたが、報道に携わる人間として不適切な事案であったことを重く見た結果」と、約6カ月経過しての降板劇について話した。

 ▽小山の騒動 5月下旬に、小山とみられる男性が、女性に一気飲みを促すような掛け声を掛けている様子を録音したデータがネット上に流出。「女性が未成年では」と騒ぎになった。酒席にはメンバーの加藤シゲアキ(31)も同席。事務所の調査に2人は、女性から「20歳」と繰り返し説明を受けていたと説明。酌量の要素もあり社会的制裁も受けたことから同情の声も上がったが、小山は6月の謝罪で「キャスターとして不適切」「自分を見つめ直す期間にしたい」などと深い反省を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年12月20日のニュース