misono 夫Nosukeの手術に「めっちゃ楽しい感じだった」

[ 2018年12月20日 14:36 ]

歌手のmisono
Photo By スポニチ

 歌手のmisono(34)が、20日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)にVTR出演。「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のために闘病中であることを公表した夫でプロドラマーのNosuke(29)との闘病生活について語った。

 2人は去年7月に挙式してから1年5カ月。Nosukeは16日に精巣がんを公表、18日に左の睾丸を摘出し、現在は抗がん剤治療を行っている。

 misonoは夫のがん闘病について「がんはストレスが一番良くないって聞いて。2人して落ち込んでマイナス思考をしてしまうと良くないと思っていて、自分は前向きに明るくポジティブな発言を返すようにしていた」とプラス思考を心掛けていると語った。

 手術に際しては「ダメなのかもしれないけど、めっちゃ楽しい感じだった。彼の一部分がなくなるという意味ではすごく嫌なことだけど、ダメなものを取ってくださると思ったらちょっとは安心、プラスに捉えようってことで『いってらっしゃい』の時はめちゃくちゃお互い笑顔で」と話し「出来ることは全部やるっていうのが自分にできること。一刻も早く寝れるようになって欲しいし、食べられるようになって欲しい」と現在の心境を明かした。

 今回の夫のがん公表に対して一部のネットでは売名行為と批判されることについて「あまりNosukeのことをmisonoの口から言うのは良くないと思ってる。ですけど、より多くの人に知って頂きたいし人間ドックにも行って頂きたい。現に自分が発信することでNosukeの姿を見てくださる方が増えて、病気が見つかる方がいるんだったらっていうところでしかない」と、自身の口から発信する理由を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年12月20日のニュース