宮迫博之の「今年一番の思い出」とは…スピワゴ小沢「好感度上がる。ずるいね」

[ 2018年12月20日 12:22 ]

「雨上がり決死隊」の宮迫博之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(48)が18日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月〜木曜後10・00)に出演。「今年の一番の思い出」として、息子ために作り続けた弁当にまつわる感動エピソードを挙げたが、共演者から「ちょっとずるい」と茶々を入れられる一幕があった。

 宮迫といえば、高校に通う息子のために作った弁当の写真をツイッターに掲載し続けてきたが、そんな中、7日には「3年間お弁当ありがとうございましたッ!!と息子がハミガキをしている私に言ってきた。照れ笑いで、オゥッ!! 息子が部屋を出て行った後に、歯磨き粉が目にしみたのかな?少し涙が出ました」と投稿。弁当を通じての親子愛が反響を集めた。

 この日は、「スピードワゴン」小沢一敬(45)から自身の一大ニュースについて尋ねられた宮迫は、「前も言うたけど、息子のお弁当が終わって…。息子にお礼を言われたのは、一番のニュースかな」と感慨深げに語った。

 筧美和子(24)ら共演者から「あれ、ちょっと感動しちゃいました」「感動的だった」との声が上がる中、小沢だけは「それが今年一番の思い出って、ちょっと好感度上がるね。ちょっとずるいね」と不満げ。宮迫は「『ずるいね』やあらへん」とつっこみつつも照れ隠しなのか「あんまりみんな感動してくれるから、あちこちで言うてんねん。広まれって思って」と語って、周囲を笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年12月20日のニュース