三浦祐太朗 阿木&宇崎の舞踊劇参加「母子2代で幸せ」

[ 2018年12月12日 05:30 ]

舞台「Ay曽根崎心中」のゲネプロ前に会見した(左から)宇崎竜童、阿木燿子、三浦祐太朗
Photo By スポニチ

 阿木燿子(73)が作詞とプロデュース、夫の宇崎竜童(72)が作曲と音楽監督を務める舞踊劇「Ay曽根崎心中」(12〜20日、東京・新国立劇場)の公開稽古が11日、同所で行われた。

 歌手の三浦祐太朗(34)が歌で4年ぶりに参加。母の山口(現三浦)百恵さん(59)が阿木・宇崎コンビの楽曲を多く歌っており「母子2代で歌わせていただき幸せ」と笑顔で話した。2人が祐太朗に提供し、百恵さんの「さよならの向う側」のアンサーソングとなった「菩提樹」が舞台の楽曲として新たに加わる。祐太朗によると、百恵さんは観劇には訪れないという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月12日のニュース