米倉涼子主演「リーガルV」第7話14・2% 7話連続で2ケタ視聴率

[ 2018年11月30日 10:15 ]

テレビ朝日「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」で主演を務める米倉涼子
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(43)が主演するテレビ朝日「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」(木曜後9・00)第7話が29日に放送され、平均視聴率が14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。

 同作は米倉が天才外科医を演じた大ヒットドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」と同じ木曜午後9時枠。第1話を15・0%でスタートすると、第2話18・1%、第3話15・9%、第4話16・5%、第5話15・4%、第6話14・4%と高視聴率を連発してきていた。

 米倉演じる弁護士資格を剥奪された小鳥遊(たかなし)翔子が法律事務所の管理人となり、不利な訴訟でも勝利に向けて突き進む物語。共演は向井理(36)、林遣都(27)、菜々緒(30)、荒川良々(44)、安達祐実(37)、三浦翔平(30)、内藤理沙(29)、宮本茉由(23)、小日向文世(64)、高橋英樹(74)ら。

 第7話は、翔子(米倉)率いる「京極法律事務所」は、婚活詐欺の被害者・塩見一郎(矢部太郎)を弁護し、高級婚活相談所「ローズブライダル」を訴えるが、被告代理人である「Felix&Temma法律事務所」の敏腕弁護士・海崎勇人(向井理)に急所を突かれ、第一審で敗れてしまう。翔子は次の一手として、塩見の控訴審と並行して全国の被害者を集めて集団訴訟を起こす策を考えたが、肝心の被害者たちは二の足を踏み、なかなか立ち上がってくれない…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月30日のニュース