関ジャニ横山&大倉 懐かしの大阪松竹座で関西ジャニーズJr公演演出

[ 2018年11月30日 19:00 ]

P説 30日にスタートした関西ジャニーズJr.「X’mas Party!!2018」の会見に臨んだ(前列左から)伊藤翔真、伊藤篤司、(中列左から)横山裕、「なにわ男子」大橋和也、高橋恭平、長尾謙杜、西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、藤原丈一郎、大倉忠義、(後列左から)小島健、島崎斗亜、向井康二、草間リチャード敬太、室龍太、西村拓哉、正門良規
Photo By スポニチ

 関ジャニ∞・横山裕(37)、大倉忠義(33)が構成・演出する関西ジャニーズJr「X’mas Party!!2018」(12月25日千穐楽)が30日、大阪ミナミの大阪松竹座でスタート。本番前のゲネプロが公開された。

 横山は「松竹座もガラッと変わった。当時のことを思い出しますね」と語り、大倉は「ボクらの時は2階、3階はお客さんが入ってなかった。何万人も応募があって、この子たち(関西ジャニーズジュニア)は凄い。15年ぐらい出てなかったけど、セットが増えてる。当時は何もないところで頑張ってた。それが力になりました」と昔を懐かしんだ。

 横山、大倉にとってジュニア時代から何度も舞台に立つなど勝手知ったる大阪松竹座。舞台ソデで“ゲネプロ”を見つめた。「村上(信五)も一緒に見てたけど“オレらと全然ちゃうやん、セットも衣装も。凄いなあ”と言ってました」と設備の充実した大阪松竹座には、同じ思いだったようだ。

 2人で後輩達の公演を構成し、演出。横山は「梅田芸術劇場の公演とは違う形を見せようと大変でした」と2劇場続けての公演演出に苦労したそうで「何回、大阪と東京を往復したか。一昨日も日帰り。滞在は2、3時間でした」と秘話を披露。関西ジャニーズジュニアのメンバーに「もっと感謝してエエと思うわ」と笑わせた。

 今公演はクリスマスバージョン。クリスマスソングのメドレーがあり、いつも通り漫才と寸劇も充実しているようだ。10月24日から11月4日まで大阪・梅田で開催されたライブで初お披露目された7人グループ「なにわ男子」。新ユニットとして大阪松竹座は初登場となる。西畑大吾(21)は「大倉君、横山君が監修して下さってて、身が引き締まる思いでいっぱいです。なにわ男子として初めて大阪松竹座に立つので、緊張してます。今のボクたちの勢いそのままで今年を駆け抜けていきたいです」と豊富を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月30日のニュース